モンクレールメンズコレクション

モンクレールレチEースコレクション

おすすめのペEジ

モンクレールダウンジャケチEの選び方

ここでは初めてモンクレールを選ぶ人にモンクレールのよさめEEイント、一歩上E着こなし提案などを説明します、E

偽物の見Eけ方

偽物を買わなぁEめEちめEとしたコチE紹介するとともに、本物か偽物かをチェチEできる公式サイトE使ぁEの説明、E

人気EペEジ

サイズにつぁE

モンクレールのダウンジャケチEは、幁EEサイズ展開があります、Eしかしながら、サイズは数字で表されてぁEので、国冁Eイズでの対応表です、E/p>

詐欺にあわなぁEめに

こEペEジでは実際に詐欺にあった人の証言をEに詐欺にあわなぁEめにチェチEしたぁE法を説明します、E

おしめEダウンの最高峰とえいえEモンクレール

世界中で愛されるプレミアムブランチE

創立当Eより吁Eの探検隊の裁Eとして愛用された実力派ブランド「モンクレール」。クラシチEでありながら流行を取り入れ、厳選された素材と徹底的な品質管琁Eら生み出される最高級E最高品質のダウンジャケチEです、E

世界中で愛されるプレミアムブランチE class=

創立から半世紀以上経った今でもダウンジャケチEのトップとしての地位を確立し、世界中で愛されるプレミアムブランドE一つとなりました、E

もちろん、日本でも人気が高く、紁E00日間と冬の期間が長ぁE本の冬でも大活躍なだけでなく、E年着られるクオリチEなので高価な割にはコストパフォーマンスが高いダウンジャケチEでもあります、E

おしめEなダウンジャケチEとぁE新墁Eを開ぁE立て役老E

多くのダウンジャケチEブランドが存在する中、ここまでモンクレールが支持されるのは、E品質のダウンを使用してぁEからだけではありません、E それまでは山登りE服裁EったダウンジャケチEを町でスタイリチEュに着ることができるファチEョンアイチEの一つとして認知させたからとぁEても過言ではなぁEしょぁEE

おしめEなダウンジャケチEとぁE新墁Eを開ぁE立て役老E class=

現在では様、EブランドがダウンジャケチEをリリースしており、モンクレールよりも高級なダウンジャケチEは存在しますが、ここまで支持されてぁEダウンジャケチEブランドEなく、ダウンジャケチE界Eトップブランド=モンクレールとぁEるでしょぁEE

モンクレールにつぁE

現在ではおしめEなイメージが定着してぁEモンクレールですが、創業時E実力派の本格雪山ブランドだったEです、E

フランスで創業しダウンウェアの製造を始めめE

モンクレールはアルプス山脈E西端にあるグルノEブル郊外E村、MonestierdeClermontEモネスチエドゥクレールモンEE頭斁Eからモンクレールと名付けられました。もぁEEとつ、E鳥のロゴマEクはフランスの国鳥からインスパイアを受けたとぁEれてぁEす、E

フランスで創業しダウンウェアの製造を始めめE class=

モンクレールの創業は、E952年。テントやシェラフ、ウェアとぁEた登山家のギアを製造する専門工場としてモンクレールは稼働しました。創業後すぐに、アドバイザーとしてフランス人として初めてヒEラヤ登頂に成功した世界皁Eルピニストを迎え入れ、本格皁Eダウンウエアの製造を開始します、E

製造するダウンウェアはクオリチEが高く、本格皁E登山を行う人にも受けEれられるもEでした。そして、E954年にはイタリアのカラコルム登頂隊に、E964年には同じくイタリアのアラスカ遠征Eにダウンウェアを提供し、その名前を徐、E庁EてぁEたEです、E

オリンピックの公式ウェアとして採用されめE

オリンピックの公式ウェアとして採用されめE class=

モンクレールが本格皁Eダウンウェアブランドとして確固たるポジションを確立したEは1968年の冬季オリンピックであるグルノEブルオリンピック。このときEフランス代表の公式ウェアにも採用され、その名E世界中に知られるものとなったEです、E

ファチEョンブランドとしてのモンクレール

セレクトショチEEで取り扱われるブランドへと進匁E

現在のモンクレールEおしゃれなブランドとしての転機E1980年代に訪れます。モンクレールのダウンジャケチEがパリで人気EセレクトショチEEにて取り扱われるよぁEなったEです、E

こEことをきっかけにモンクレールのダウンジャケチEはおしめEなアウターとして認識されるようになったEです。その後、E999年に発表されたBAZILLEはダウンジャケチEなのに細身のシルエチEが特徴皁E、おしゃれなダウンジャケチEブランドとして大ヒットしたEです、E

MONCLER バジーレ

そE後、日本での知名度も高まり、E005年に発表されたK2でそE人気E不動のもEとなったEです、E

MONCLER K2

褁Eのブランドラインの展開

褁Eのブランドラインの展開

2006年にはジャンバティスタ・ヴァリによるラグジュアリーな解釈が斁E皁Eインスピレーションと研究と実験を融合させた「ガム・ルージュ」を展開、E/p>

2009年にはアメリカの先鋭皁EザイナEであるトム・ブラウンによる「ガム・ブルー」、「sacaiEサカイE」デザイナE阿部十E勢による「モンクレールS」を展開、E/p>

2010年にはVISVIMチEレクター中村ヒロキをデザイナEとして迎えた「モンクレールV」、モンクレールの伝統を深く表現した「モンクレールグルノEブル」を展開してぁEす、E